ニキビ用の塗り薬と化粧水の違い

ニキビ用の塗り薬と化粧水の違い

 

 

 

 

 

ニキビのセルフケアにおいて悩ましいのが、薬を使うべきか...それとも化粧水を使うべきか、ではないかと思います。
できることなら料金を無駄にしたくないし、それ以上に短くニキビを治したい!だから効果のある方で施術目指す...。
では、そもそもニキビ用の塗り薬と化粧水はどうして違うのでしょうか?

 

 

ニキビ用の塗り薬のアピール

 

ニキビ用の薬は主に美貌皮膚科などで処方されるものですが、中には薬屋やアルティメットなどで購入できる売り物もあります。
勿論、医院で処方されるもののほうがニキビケアの効力としてはおっきいだ。

 

ニキビ用の薬は呑む部類って附ける部類がありますが、患部に自ら塗布する部類の方が効き目が激しく、またこういう部類の薬の方が圧倒的に種別は多いだ。
このように色々な種類の起こるニキビ用の塗り薬ところが、これら一律には次のような共通したカタチがあります。

 

・アクネ菌を消毒する効果がある
・抗菌作用がある
・ニキビケア効果が出るのが速い
・副作用がある

 

 

ニキビ用化粧水のアピール

 

塗り薬について、ニキビ用化粧水は以下のアピールがあります。

 

・ニキビ阻止
ホルモンバランスを整え、正常なターンオーバーにすることができます。
肌の汚れや皮脂を除くだけでなく、粘着しづらいような肌にすることができます。

 

・ニキビ跡を無くす手当
肌の炎症を防ぐことができます。
ビタミンC成分にて肌質が改変され、ターンオーバーを正常にすることができます。

 

種類化粧デリカシーにて細かい効果は変わりますが、化粧水によるニキビケアには以上のようなことを期待することができます。
ニキビができることはやはり、ニキビの狂乱やニキビ跡ができるのを防ぐこともできるので、化粧水によるスキンケアはとても有効です。

 

 

 

では、比較するとどうでしょう?

 

ニキビ用化粧水は、「ニキビ・ニキビ跡の手当」、「ニキビ・ニキビ跡の阻止」、「アンチエイジング」、「肌の生まれ変わりの収束に導く効力」があるのに対し、ニキビ用の塗り薬ニキビ・ニキビ跡の著しい手当、ニキビ・ニキビ跡の阻止、アクネ菌の消毒・抗菌する効果があります。

 

また、副作用ニキビ用化粧水には弱いのに対し、ニキビ用の塗り薬は肌のかゆみ、違和感、肌のつっぱり等があるとされています。(※個人差によります)

 

ニキビ用の塗り薬は一時的な手当になりやすく、医院でのレシピでしか購入が不可能のに対し、ニキビ用化粧水は毎日の洗顔先などに混ぜることが行え、それほど手に入り易いのがアピールでもあります。

 

このようにニキビ用の塗り薬とニキビ用化粧水は、とも同じくニキビの手当・阻止にものすごく期待することはできますが、実際には各人異なるアピールがあるのです

 

トップに戻る